新車ディーラーが【値引きしたくなる客】になりたいですか?

ディーラーが値引きしたくなる客の値引きが多いとは限らない!?

ディーラーが「値引きしたくなる客」とはどんな客なのでしょうか?

「値引きしたくない客」よりは「値引きしたくなる客」になる方が良さそうです。しかし、あなたが本当になるべきなのは、ディーラーが「値引きしないといけない客」です。

「値引きしたくなる客」ってどんな客?

気分よく働かせてくれる客のために頑張る

元ディーラー担当者へのインタビュー記事などによれば、ディーラー担当者が値引きしたくなる客とは、以下のように気分よく働かせてくれる客のことのようです。

  • 低姿勢お願いしてくる客

  • 信頼して任せてくれる

  • 値引き目標がハッキリしている客

特に、次のような役回り・構図になるのが、ディーラー担当者に頑張ってもらう理想の状態となります。

  • 値引きが少なくて可哀そうな客(あなた)
  • 客に値引きを出そうとしない上司(悪役)
  • 上司(店長)を説得して値引きを取ってくる担当者(正義の味方)

値引きアップして欲しい客にとって、ディーラー担当者は敵ではない。むしろ味方につけてくれれば、上司に掛け合って値引きを引き出して来ますよと。

だから、お客さんは担当者のファンになって応援して欲しいという主張のようです。

店長に掛け合ってきます

全てのディーラー担当者が同じではないでしょうが、このように考えている担当者は少なくないでしょう。

面倒くさい客のためには頑張りたくない

反対に、次のような客には値引きしたくなくなると言います。

  • 横柄な態度の客
  • 要求が不明確で一貫しない客
  • 競合店をハシゴする客

金を払う客がエラいんだという姿勢や言動を見せれば、ディーラー担当者は良くは思わないでしょう。値引きアップを目的とするなら、担当者相手に尊大に振舞うのはやめておいた方がよいです。

また、いつまでも購入を決めようとしない客は時間ばかり取られて、ディーラー担当者の成績アップにつながりません。ゴールをハッキリ決める方が、全力で頑張ってもらえる可能性は高いです。

そして、競合ディーラーをあちこち回って、相見積もりを武器に値切る客も好かれていないようです。

それなら競合ディーラーを回るのは止めておいた方が良いかというと、そうとは言い切れません

値引きしたくなる客の値引きが多いとは限らない

ディーラー担当者にとって値引きしたくなる客が、必ずしも値引きが多いわけではありません

それはディーラー担当者の能力には限界があるからです。

ディーラー担当者には値引きの枠がある

ディーラーの会社の方針として、同じ担当者にばかり値引きをたくさん出させるわけにはいかないでしょう。他の担当者もいますし、全体として利益を出さなければいけないからです。

当然、あなたの担当者は、他にも案件を抱えています。

別の客にたくさん値引きを出してしまえば、あなたに出す値引きは少なくせざるを得ません。

その別の客とは、おそらくあなたよりも「値引きしなくてはならない客」なのでしょう。つまりライバルに取られる可能性が高い客ということです。

競合店のことまではコントロールできない

どんなに優秀なディーラー担当者でも、影響を及ぼせるのは同じ会社の上司までです。競合ディーラーの値引きまではコントロールできません

あなたの代わりに、競合店と値引き交渉してくれるわけでもありません。

結局のところ、競合店より良い条件を出してくれているのかどうかは、あなた自身の目で確かめなくてはならないのです。

信頼はする、しかし検証もするのです。

最後は「値引きしないといけない」になろう

ライバル店と相見積もりで競合させたりすれば、「値引きしたくない客」になるのではと心配されるかもしれません。

確かに「値引きしたくなる客」ではなくなるかもしれませんが、「値引きしなくてはならない客」になる方が有利です。

担当者に気分よく頑張ってもらいたいなら、しばらくは競合店とも商談していることを黙っていれば良いのです。

しかし、ライバル店より条件が悪いなら、どこかで打ち明けないわけにいきません。

そのときは、以下のように、あくまでも言い方はソフトに、ただし言うべきことは言うのです。

  • こちらも高い買い物なので、念のため他店の話も聞いていた」
  • あなたから買いたいが、この条件では買えない」

あくまでも低姿勢、でも言うことは言う

姿勢としては「お願い」ですが、やっているのは「交渉」だということを忘れてはいけません。

ご参考以下の関連記事もご覧ください。

【新車購入商談】交渉はお願いとは別物です
本気でお願いすれば新車ディーラーにあなたの思いが伝わり、もっと値引きしてもらえるはずだと思っていませんか?そのお願いはむしろ値引きに逆効果かもしれません。交渉はお願いとは別物なのですから。

 

ご参考相場よりも値引きが少ない?!そんなときは当サイトの値引き交渉の手引きをご覧ください。車種ごとにご案内しています。詳細は↓↓↓

上記以外の車種は↓↓↓のメニューからどうぞ。

ご参考以下の新車値引き交渉のノウハウに関する記事もご参照ください。

【新車購入商談】交渉はお願いとは別物です
本気でお願いすれば新車ディーラーにあなたの思いが伝わり、もっと値引きしてもらえるはずだと思っていませんか?そのお願いはむしろ値引きに逆効果かもしれません。交渉はお願いとは別物なのですから。
新車商談は3回ジャストでないとダメなの!?
新車の商談は3回行くと値引きアップすると言われることがあります。でも4回以上行ったらダメなんでしょうか?逆に1回で済ませられないのでしょうか?このページでは新車値引き交渉の商談回数について解説します。
新車購入【セール期間・決算期】いつ?ホントにお買い得?
新車には決算期やボーナス期などのセール期間があります。お得なチャンスではありますが過度な期待は禁物です。セール期間を上手に利用する方法について詳しくご案内します。
リセールバリュー?何それ?おいしい話?
新車を購入するときに値引きと同じくらい気になるのがリセールバリューかもしれません。将来高く売れる車が前もって分かるならおいしい話です。でもそんなおいしい話なんて本当にあるのでしょうか?
新車値引き【知り合いのディーラー】期待ほどじゃないことも
知り合いのディーラーがいるならラッキーですね。見ず知らずのディーラーよりも値引きアップが期待できます。ただし知り合いのディーラーはいったん話を持ち掛けると断りにくいので、その点は注意が必要です。
新車値引き【店長決済】は引き出すもの!要求しても無意味
新車の商談で店長決済となればかなりの値引きアップが期待できます。しかし、ただ店長を呼び出しても店長決済にはなりません。店長決済とは条件を整えて引き出すものなのです。その条件とは?
新車値引き交渉【短期決戦】仕掛けるリスクと仕掛けないリスク
新車値引き交渉の「短期決戦」はリスクが高いと思われています。しかし、時間がない人は短期決戦を仕掛けない方が高くつくことも。リスクの影響を抑えて短期決戦に成功するためのポイントとは?
新車値引き情報は【ウソ?】自称元ディーラーなら信じられる?!
ネット上の新車値引き相場や目標の情報はウソだという主張があります。一方「元ディーラー」を自称する情報源も良く見かけますが、信じて良いのでしょうか?値引き情報の「正しさ」について考察しました。
新車【限界/最大値引き】には程遠くて絶望?知らぬが仏?!
新車の値引き情報を調べると「限界/最大値引き」が気になりますよね。でもそこに全く到達しそうにないと自分の運の悪さが嫌になることも。値引き情報を知らない方が良いなんてことはないはずですが・・・
諸費用って何?【新車購入】どうにかならない?
新車購入時にかかる「諸費用」って結構な金額ですよね。でも必ずしも全部を払う必要はないかもしれません。ディーラーとの交渉次第ではカットできる項目もあります。
マイカーローンはディーラーでOK?銀行とどっちが得?
マイカーローンをディーラーで組むと値引きが上乗せされることが多いと言われています。でもそれが本当にお得なのか、ローンの金利も見て検証してみないと分かりませんよ。

info当サイトは新車 値引き 情報の専門サイトです。

新車値引き交渉成功への手引き Home
新車は値引き交渉しだいで支払額に数十万円の差がつきかねません。値引き交渉に失敗したくはないですが、実際にはネットや雑誌の情報ほど値引きが出てこないことも。そんな新車値引き交渉を仕切りなおして成功に導くための情報をご提供いたします。
タイトルとURLをコピーしました